三三九度って。。。

IMG_1181

三三九度とは新郎・新婦がともにお神酒を飲み交わして結婚を誓い合う神式独特の儀式です
3杯ずつ3度盃のやり取りをするためそう呼ばれるようになったと言われています

何回も新郎と新婦が盃を重ねることによって固い縁を結ぶとの意味が込められています
この回数は支那の影響を受けたものと考えられており
支那では古来奇数である三は縁起の良い数字(陽数)とされてきました
それを3回繰り返してよりおめでたい数字である九にすることで最高のおめでたさを表したものとされています

本来は小盃を新郎・新婦・新郎の順で飲み
中盃を新婦・新郎・新婦と飲み
最後に大盃を新郎・新婦・新郎の順で飲むのが正式な作法とされ
これが3つの盃で三献ずつで合計九献との三三九度の語源です
しかし現在では新郎と新婦がそれぞれの盃で一回ずつ飲む作法が行われています

小盃は過去を表し、新郎新婦の巡り合わせを先祖に感謝する
中盃は現在を表し、2人で末永く力を合わせ生きていく
大盃は未来を表し、一家の安泰と子孫繁栄の願い

上記の意味がこめられています