伝統ある尾張八幡神社のお祭り

img_blog_103

知多エリアでも歴史が古い「尾張八幡神社」。八幡の森写遊庭はこちらでの神前式がウリの結婚式場です。

ちゃんとした神社さんなので、恒例祭典もいろいろあります。結婚式をやっているだけの「神殿」ではなく、本物の神社さんなので、伝統行事を大切にしています。

お祭りは春と秋にありますが、今年も恒例の「神幸祭」が執り行われます。
神幸祭は10月15日以前の日曜に例祭の午後に行われています。「お渡り」とも言われ、ご祭神の分霊が神輿にお乗りになり、お旅所の天白社まで、往復1.6kmを1時間半かけ行列を整え行われています。

当日は地元の方々がたくさん集まり、いつも以上ににぎやかな境内になります!

その中でも一番人気の催し物は・・・

「餅投げ!」

です。このときばかりはたくさんの老若男女が集まって活気にあふれます。

本物の神社にある結婚式場。それを実感するイベントです。