八幡の森写遊庭 二つの挙式スタイル

 

 

 

 

八幡神社で伝統の神前式

八幡の森写遊庭では、本格的な神前式を執り行うことが可能です。

お祓いを受け心身を清め(修祓の儀・しゅばつのぎ)、夫婦で交互にお神酒を飲み交わし(三献の儀・さんこんのぎ)、誓いの言葉を述べます(誓詞奉読・せいしほうどく)。

日本だからこその厳かな結婚式を経験することができます。

また、列席者全員でお神酒を飲む儀式(親族盃の儀・しんぞくかためのさかずき)では、新しく結びつく二つの家の親族同士、絆を深める機会にもなります。

日本人としての誇りを持ち、伝統的な文化を継承したいという思いがある方におすすめです。

ガーデンでカジュアルな人前式

一方、カジュアルな挙式スタイルをご希望の方は、緑いっぱいの明るいガーデンでの人前式がおすすめです。

伝統的な決まりが存在する神前式とは異なり、人前式の進行や演出はご夫婦が自由に決めることができます。

プランナーが相談に乗らせていただきますので、一つずつアイディアを出していき一生忘れられないオリジナルの結婚式にしましょう。

人前式では、神様ではなくゲスト全員に結婚の証人となってもらいます。
お二人の大切なゲストのみなさんと一体になって感動を分かち合うことができるのも魅力です。

img_photo02